So-net無料ブログ作成
検索選択

<最新の気象庁予想>2013年の梅雨明け時期 [天気]

台風4号の勢力が弱まり、熱帯低気圧になりましたね。
台風に触発されたお陰か、梅雨前線が活発!ってなわけで全国的に梅雨らしい天気になっていますね。


さて、今日は夏至。一年で一番昼間が長い日にもかかわらず、雨のせいでお日様を拝めないって人も多いのでは。。。


そこで気になり始めているのが、今年の梅雨明け時期ですね。

沖縄はすでに先週の14日に梅雨明けしています。平年よりも9日も早いそうですよ!
もともと沖縄の梅雨明けは関東に比べるとひと月ほど早いんですが、気象情報で梅雨前線が日本列島の真上にある状況で、うらやましい様な気もします。。。



ちなみに今年の梅雨明け予想は…

7月21日ごろ



<ちょっと豆知識>
梅雨ってなんで引き起こされているか知っています?

そもそも梅雨というのは北側にある冬の寒気団と南からの暖気団がぶつかって生じる停滞前線によって引き起こされています。

寒気団:オホーツク海気団
暖気団:小笠原気団


平たく言うと、冬の冷たい空気に対し、南からの暖かく湿った空気がぶつかるため、雨が降りやすいということになります。


ちなみに、梅雨入りや梅雨入りの基準はないってこと知っていました?


気団同士がぶつかって生じている停滞前線が梅雨前線です。とは言え、その前線が有る無しをはっきりと判断することはできません。
つまり、誰も「わからない」んです。


それじゃ、天気予報やニュースの梅雨明け情報は?ってなりますよね。


実際よく聞いてみると分かりますが、「梅雨明けは7月20日」という断言的な表現ではなく、「今年の梅雨明けは7月21日ごろ」という表現になっています。

先週梅雨明けしたという沖縄も、正確には14日に梅雨明けではなく、『14日ごろ』に梅雨明けしたというのが気象庁の発表になります。



ちなみに去年の梅雨明けは…

九州南部 7月14日ごろ
九州北部 7月19日ごろ
四国   7月18日ごろ
中国、近畿、東海、関東 7月21日ごろ
北陸   7月24日ごろ
東北南部 7月25日ごろ
東北北部 7月28日ごろ



ポチッっと応援クリックお願いします!

トレンドニュース ブログランキングへ

台風4号発生! 九州や関東でも大雨!?週末には東京へ接近か? [天気]

本日18日午前9時に、フィリピンの東で台風4号が発生したそうです。

台風は北上し、沖縄へ接近中。梅雨前線を活発化させているので、本州も大雨となる可能性が。。。


沖縄への一番の接近は19日夜(水)から20日(木)にかけて。強風、高波には十分な注意が必要です。


今の時期の台風は沖縄より北に進む頃には形が崩れてしまうものですが、台風そのものよりも温かい空気を列島に送り込んでしまうことが問題なのだとか。
水蒸気を多く含んだ空気が運ばれ、梅雨前線周辺でも大雨を降らせるような雨雲が作られるそうですよ!!


先週は台風3号が発生しましたが、今回は梅雨前線が南下しているってことで、結構危険なパターンのようですね。

というのも、台風が太平洋側から運んでくる水蒸気を梅雨前線の壁で受け止めてしまい、それが雨につながるというわけです。


前線にも動きがあるので、実際に激しい雨は数時間になるそうですが、前線の動きが鈍ってしまうと、総雨量では大雨になる恐れもあります。特に中国地方や九州の北部ではその気配が大いにあるようです。


大雨が降る場合は、雨だけではなく土砂崩れ等にも気をつける必要がありますね。出かける際は十分に気をつけて、しっかりと情報を得ておく必要がありますね。


災害が起こる時は、大体「今まで大丈夫だから平気だろう」や「まさか今回は…」となります。この「まさか」を減らすには「いつ大雨になるかな?」と頭に入れておくことが大事です。また、継続して情報を獲得することも大事ですね。

余談ですが、台風4号の名前は『リーピ』です。ラオス南部の滝の名前らしいですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。